ハウスクリーニングはプロに任せよう|引っ越しをスマートにする技

カーペットリンサーとは

プロが使用する機材

レディ

仕事で忙しい時などは、なかなか家事が手につかない状態が続いてしまいます。
そんな時に便利なのが、ハウスクリーニングなのです。
文京区でハウスクリーニングを依頼する場合、業者のタイプを確認する必要があります。
文京区をサポート提供エリアとしている、ハウスクリーニング業者は大きく分けて、家事代行型と専門型という2タイプに分けられるのです。
頑固な汚れを取ってほしいという場合、文京区では専門型と言われるハウスクリーニング業者を選ぶのが良いでしょう。
専門型の業者はプロが使用する、特殊な道具を使いハウスクリーニングを行います。
ですので、一般的な掃除では落ちない頑固な汚れも、専門型の業者であればクリーニング出来るのです。
文京区で活動しているハウスクリーニング業者の多くが、カーペットリンサーというプロが使う掃除専用の機材を使用しています。
カーペットリンサーは文字通り、カーペットのクリーニングに多く用いられる掃除専用機材です。
カーペット以外にも絨毯やソファといった、布製品のクリーニングにもカーペットリンサーは使用されます。
カーペットリンサーはクリーニング洗剤を吹き付け、汚れを分解しつつ同時に洗剤を吸引するという働きをします。
洗浄と汚れを落とす作業を同時に行える点が、カーペットリンサーの特徴です。
クリーニングを行う範囲が広い場合でも、カーペットリンサーを使用すれば、短い時間で汚れを取り除けます。
カーペットについてしまったシミなどの汚れは、ブラシで擦ってもなかなか落ちません。
場合によってはブラシで擦り過ぎてしまい、素材を痛めてしまうケースもあります。
カーペットリンサーによるハウスクリーニングなら、素材を傷めず汚れを落とせるのでお勧めです。

腐敗臭を取り除く

作業員

特殊清掃とは、孤独死などで放置された遺体の処理も含めた部屋の清掃を指します。
通常の清掃に比べて、漂白しなければならないところが多く、特殊な洗浄も必要になるために、特殊清掃と呼ばれています。
アパートなど賃貸物件で亡くなった際には、原状回復をしてから部屋を返す義務があります。
なので、遺族が整理整頓をしなければなりませんが、多くの作業が必要になるので、業者に依頼することをおすすめします。
遺品整理だけでも10万円程度の費用がかかりますが、特殊清掃はそれに漂白や消臭などの作業代がプラスされます。
きちんとした業者であれば、漂白剤や消臭剤についての説明をしてくれます。
それらの説明もなくリフォームを薦められたら、要注意です。
特殊清掃には高額な費用がかかるために、少しでも安い業者を見つけたくなりますが、そこに付け込んでくるのが悪徳業者です。
安いだけの業者を選ぶことはせず、信頼できる業者を選ぶことが大切ですし、後々トラブルに巻き込まれないために必要です。
信頼できる業者は見積書にしても細かく項目が書かれていることが多く、疑問にも丁寧に答えてくれます。
見積もり自体は無料で行っているところが多いので、複数の業者に出してもらい比較してみます。
特殊清掃には遺品整理の作業も含まれていることが多いですが、当然ゴミが多くなればなるほど費用も高くなります。
清掃にしても、汚れや腐敗が多いほど費用も高くなります。
なので、業者に依頼する前に、自分で処理できる分は処理をしておいた方が安くすませることができます。

臭気があっても大丈夫

婦人

親族が孤独死してしまった場合に、あるいは家族が死亡してから時間が経って室内で発見された時には、自力で部屋を綺麗にするのではなく、特殊清掃に依頼したほうが完璧な仕事をやってもらえます。
費用については現場に到着してから見積もりを行い、その場で全体的な作業にかかる費用を教えてくれます。
特殊清掃業者でもし値段に満足出来なかった場合には、そのまま引き取ってもらうこともできます。
特殊清掃にかかる費用は床面の掃除と臭気の除去に遺品整理などをすべて含めると100000円程度になりますが、この費用の中には清掃で使った洗剤や特殊薬剤なども含まれているので、追加料金を支払うこと無く見積額でやってもらえます。
特殊清掃業者に頼むメリットはかなり大きくまず第一に臭気を大幅に除去でき、室内の汚れについても完全に除去してもらうことができる点にあります。
これらの作業は家庭用洗剤では到底出来ない作業であり、特殊機材を使わなければならないので、特殊清掃を業者に任せる意義は大いにあります。
特殊清掃では室内にある汚物の撤去処分はもちろんの事、故人の方の遺品整理についても任せることができるので、心情的に室内に立ち入ることが出来ない場合には、どのような品物をとっておいてもらいたいのかなどを伝えておくことが可能です。
臭気が完全に無くなったかどうかは作業後に必ずチェックがありますから、孤独死などで室内の臭気が気になった場合にはまず特殊清掃を呼びましょう。