ハウスクリーニングはプロに任せよう|引っ越しをスマートにする技

大切なソファのケアに

丸ごとキレイに出来る

お部屋

文京区内で建てられている一戸建て住宅やマンションの場合、多くが洋室となっています。
フローリングの洋室は様々なライフスタイルに、合いやすいという事もあり文京区内の住宅では幅広く採用されているようです。
文京区でも多いフローリング張りの洋室に、ソファを置いているという住宅も少なくありません。
ゆっくりとくつろげるソファですが、大きな欠点として「洗えない」という点が挙げられます。
子供がジュースをこぼしてしまった、またペットがいる住宅の場合、抜け毛などでソファが汚れてしまうケースが多いようです。
小さいお子さんやペットがいない住まいでも、ソファにある隙間に細かなゴミが溜まってしまいがちです。
ソファについたシミなどの汚れは、なかなか落とす事が出来ません。
そこで、活用したいのが「ハウスクリーニング」です。
文京区内で活動しているハウスクリーニング業者の多くが、ソファクリーニングも行っています。
ソファクリーニングは文字通り、ソファをクリーニングするサポートの事です。
スチームクリーナーやリンサーといった、ハウスクリーニングで用いる特殊な機材を使い、ソファに染みついた汚れやゴミを落としていきます。
ソファは素材によって、どのような洗剤でクリーニングをするか、変えなければいけません。
市販の洗剤を使い適当に掃除してしまうと、場合によってソファの素材を傷めてしまうのです。
ハウスクリーニング業者に頼めば、素材に合わせたクリーニングを行ってくれます。
特に大切なソファはプロに、丸ごとクリーニングしてもらいましょう。

自分では難しい高所の作業

清掃員

文京区では多くの住宅で、ハウスクリーニングが利用されています。
ハウスクリーニングを依頼する理由はそれぞれですが、文京区では高所のクリーニング依頼が多いようです。
天井や照明器具など住宅には、高い場所の掃除が必要となる箇所がいくつもあります。
例えば、浴室の天井にカビが生えてしまった、照明器具にほこりが溜まっているというケースでは、普通に掃除をしても手が届かないので椅子や脚立を使う必要があります。
また、文京区内には天井が高い住宅も多く、脚立を使ったとしても照明器具を掃除出来ないというケースも少なくないようです。
高所での掃除は、バランスを崩してしまうと転倒してしまう危険性があります。
場合によって骨折など、大きな怪我に繋がってしまうので注意が必要です。
天井や高い位置にある照明器具の汚れが気になっても、高所での作業が難しく、そのまま放置しているという方も、多いのではないでしょうか。
このような時にも、ハウスクリーニングは便利です。
ハウスクリーニングはプロが掃除をしてくれるので、天井など高い場所の掃除も自分で行う必要はありません。
安全に自分で掃除する事が難しい、高い場所も綺麗に出来る事から文京区では、天井部分や照明器具のハウスクリーニングを依頼するケースが増えているのでしょう。
掃除は自分で無理に行う時代は終わりました。
安全性、そして手間や時間、仕上がりなどを考えた場合、高い場所の掃除はハウスクリーニング業者に任せましょう。

作業には防護服が必要

レディ

特殊清掃とは一般に馴染みのない職種のため、知らない人も多いかもしれません。
しかし事件や事故現場となった部屋や建物の原状回復にはなくてはならない仕事です。
特に殺人事件などが起きた部屋の中は凄惨なものがあります。
体液や血液、汚物などが飛び散り、悪臭で部屋のなかに入ることさえままならないことも多いのです。
このような困難な清掃作業をするのが特殊清掃業者です。
特殊清掃業者は、汚染や悪臭から身を守るため防護服を身につけて清掃作業をします。
床に染み込んだ血液や体液などを除去するため特殊な洗浄剤なども使います。
またこのような部屋は細菌やウィルスに汚染されていることもあるので除菌も必要です。
さらにハエやウジなどの害虫が発生している場合は駆除も行います。
特殊清掃業者を依頼する場合、警察の紹介やインターネットなどで見つけることができます。
依頼をすると、まず部屋の状態を見るため見積もりに来てくれます。
費用は人件費や使用する薬液、洗浄剤のほか部屋の広さ、汚染状況などによって决まります。
業者は費用の安さだけで選ぶのではなく、確実な清掃作業をするところを見つけることが大切です。
特殊清掃作業が終了しても異臭などが残っていては困ります。
選ぶには口コミなどの評判や業者の実績などを調べましょう。
同じ場所での営業年数が長い特殊清掃業者も信頼できます。
安心できる業者は費用も明確で追加料金などを請求することはありません。
仕事にプライドを持っているため、安易に費用を下げることもありません。